焼き芋の作り方-手近な道具で焼き芋をつくる | でいご堂日記

CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
<< 本日も晴れ、異常なし。 | main | ケーキロン >>
焼き芋の作り方-手近な道具で焼き芋をつくる
以前、「手近な鍋で焼き芋を作る」という記事を書いたところ、参考にしてくれた方がたくさんいました。
石油ストーブを使う方法を紹介したのですが、今年はストーブが出せなくて、やきいもが焼けずにさびしい思いをしました。でも、偶然ストーブ焼き芋を超えるねっとりあま〜い焼き芋の作り方を見つけたのでご紹介します。

道具:炊飯器、ガスコンロの魚焼きロースター
材料:太いさつまいも

お手持ちの炊飯器に入る大きさのさつまいもを用意してください。切ってしまうとねっとりしませんので注意。

炊飯器の内釡にイモと水300cc程度を入れ、塩を一つまみ(ほんのちょっとです)いれて、炊飯スイッチを押します。

スイッチが保温に切り替わったらふかしイモができます。もちろんこのままでもおいしく食べられますが、しょせんふかしイモ。香ばしさがありません。

そこでこの芋を、包丁で縦2つ割にし、ガスコンロの魚焼きロースターで5〜8分焦げ目がつくまで焼きます。すると、色が鮮やかな黄色で、皮の近くも芯のあたりもねっとり、香りのよい甘い焼き芋になります。とてもねっとりしているのでスプーンですくってスイートポテトのように食べられます。

炊飯器でゆっくり加熱することで、お芋のでんぷんがより多く糖に代わります。
炊飯器で蒸すところまでやって冷蔵庫で保存し、食べたい時にロースターで焼けばいつもほかほか焼けたてを楽しめます。
今回のやり方は「鍋」すらいりません。すごいなぁ。







| くらし |この記事へ | comments(1) | - |
投稿いただいたコメントは認証後の表示になります。スパムコメント対策のためご了承ください

コメント
管理者の承認待ちコメントです。
| - | 2010/09/30 11:49 AM |
コメントする